2015年 ファンレター芸人まとめ

どうも、ファンレター芸人です。 2015年も終わりですね… 悲しいことに年内は芸人としての活動予定がもうないので、唐突ですが今年のファンレター芸人の活動を記録も兼ねてまとめていこうと思います。

2015年2月1日 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE LIVE 4th STAGE

f:id:arayurun:20151119004949j:plain
f:id:arayurun:20151119004944j:plain

左が外袋(?)で右がその中身です。ファンレター芸人の処女作にあたります。同時に前野さんへ宛てた初めてのファンレターでもあるのです。 このときはプリライへの参加が急遽1週間前に決まったので、ドタバタと思いつきで作ったのを覚えています…。そしてプレゼントに茨城県民手帳を忍び込ませるという今考えればわけのわからないものをプレゼントしてしまって非常に申し訳ないという気持ちでいっぱいです(前野さんごめんなさい)。 突発的につくりだしたのでアイデアもクソもない感じだったのですが、唯一リボンタイを忠実に再現しようと、細いリボンと太いリボンを重ねてちみちみと貼り合わせました。このリボンで作ったリボンタイ(?)はお気に入りです。


2015年3月1日 ファミ通ゲーマーズDX ~LEVEL 3~

f:id:arayurun:20151119010329j:plain

ファンレター芸人人生史上最初で最後の最高傑作です。もうこれ以上に凝った作品は二度と作らない否、作れないと思います…。 想像上に時間と手間がかかり、気づいたら朝の4時とかになっていたこともしばしば…。特に一番ヤバかったのがドット文字の部分なのですが、これよ〜く見て欲しいのですが、印刷じゃなくすべて切り抜きで出来ているんですよね。一文字一文字、すべての文字をデザインカッターで切り抜きました。まず輪郭をイラレで作って、それを印刷してトレースして、カッターで切り抜き…。今思い返せばすごくいい思い出なのですが、やってる当初は終わりが見えなさすぎて何度も途中で放棄しようとしました。けれど、こうして完成したものを手にしたときは圧倒的な達成感に思わず恍惚としてしまいましたね…。ちなみに、キノコが便箋で、真ん中のはてなボックスがインナーになっています。もうここまで来ると本当に自己満足でしかないのですが、少しでも前野さんが楽しくファンレターを読んでいただけていたならば幸いです。


2015年3月22日 「デス・パレード」最終回直前ファンイベント

f:id:arayurun:20151119012130j:plain
f:id:arayurun:20151119012126j:plain

デス・パレード劇中に登場したエアホッケーを参考に制作したものです。左の円盤みたいなものがパックをモチーフとしており、便箋になっています。人生で初めて臓器を描きました。そして、右がそれを入れる封筒。一応、デキムの瞳をモチーフにして作ったものを貼っつけたのですが、あまりにも微妙すぎてギリギリまで使うか使わないか悩みました…。結局、せっかく作ったのにもったいないなあと思い、便箋を入れプレゼントボックスにブチ込ませていただきました。これを制作するにあたり、何が必要になるかというと「綺麗に円を切り抜けるカッター」なのですが、サークルカッターという用具に出会いとても感動したのを覚えています。ファンレター芸人をはじめてからというもの、さまざまな文房具や工作道具に出会い私の道具箱はもうパンパンです!


2015年5月24日 S.S.D.S.「第18回 診察会 GO!GO!GOTANDA!」昼の部

f:id:arayurun:20151119144751j:plain
f:id:arayurun:20151119145114j:plain

これもまた突如参加が決まったイベントで、且つ当時は前野さんの誕生日に向けた制作も進行していたのでイベント前日ギリギリまで作業をしていました…。急造品にもほどがある感じなのですが、それでも薬袋をモチーフにした封筒はかわいくってお気に入りです(熱い自画自賛)。 右側の写真にある薄っすら横線の入った紙は便箋なのですが、外側の(制作当時の妄想の中で)白衣を着た前野さんのイラストの輪郭に合わせてカットしたのでそれがまた地味な作業で悲鳴を上げておりました。自分が書く手紙の枚数分だけカットしなければならないので、自分で自分の首を絞めるとはこのことだな、と…。

f:id:arayurun:20151119150432j:plain

余談ですが、イベント当日の名刺交換に向けてつくったやつです。気合を入れて作った割には近くに速水さんが来てもド緊張して手を挙げられず…。そのままお蔵入りです。


2015年5月26日 前野さんお誕生日

f:id:arayurun:20151119152214j:plain

前野さんのお誕生日にはバースデーカードをお贈りさせていただきました。 これにもまた壮大な制作ヒストリーがあり…。はじまりは、3月下旬あたりに「こういうの作りたいなあ」とメモ書きしたことでした。実制作を開始したのは5月のはじめあたりだったと思うのですが、なんやかんやで制作期間としては2ヶ月くらいかかったんじゃないかなと思います。 前野さんが演じられたキャラクターたちの洋服を人の形をした型紙に合わせてイラレで作成し、上着やズボンなどをひとつひとつパーツ化しトレーシングペーパーへ印刷。それを折り紙と合わせて切り抜き、着せ替え人形のように型紙に貼り付け…。出来上がったものをガーランドのようにして麻紐でぶら下げたものが、カードのメインビジュアル的なやつになります。

f:id:arayurun:20151119153544j:plain

背景になっている白い木みたいなやつは、100均で買ったすのこをバラして白のペンキでペイントして適当にくっつけました。印刷する手前にフォトショで結構イジったのでアレなのですが、実物は隙間の幅がバラバラだったり縦横比に足りないところがあったりとか計画性のなさが露呈しまくった制作でした…。時間配分もミスりまくって、余裕ないのに直近の土日にやきうを観に行っていたりしたおかげで誕生日前日の夜に郵便局に駆け込んで金に物を言わせて速達でお送りいたしました。こんだけ頑張って作ったのに誕生日当日に届かないとか正気か?!と自分自身にブチギレていたのをよく…覚えています……。

はじめてツイッタで100ふぁぼもらって通知がやべえかったのもよい経験でした。


2015年7月19日 「デス・パレード」スペシャルイベント

f:id:arayurun:20151119155707j:plain
f:id:arayurun:20151119155711j:plain

発 想 力 の 欠 乏

もう全然思いつかないし時間もないしで…でも、デスパレという作品には非常に思い入れがあったので何か特別なものでお送りしたいと諦めきれず絞りに絞り出したアイデアがこれです。メメント・モリに見立てて、便箋がメメント・モリの色をしています。封筒を繰り抜いて、便箋を出し入れするとグラスの中身が減ったり増えたり…みたいな……。当初はデキムが操る糸で何か作れないかなあとオーロラ色の糸が存在することも調査済みだったのですが、なかなか上手くアイデアを考え出せず。すこし悔いの残った(送ったことではなく、制作に対して)ファンレター芸人でした…。


2015年8月9日 宵夜森ノ姫「待酔月の円舞曲 -まちよいづきのワルツ-」

f:id:arayurun:20151119160623j:plain

ファンレター芸人史上、初めて3Dが採用(?)された作品です。クラウスの特徴的なあのブローチをどうにか表現できないかなあと思い、ちょうどよさげなスワロフスキーを手に入れその周りを囲うフレームを樹脂粘土で作りました。ただ、反省点なのが銀色の絵の具(100均)の発色が安っぽくてなんだかチープなブローチになってしまった…。ですが、りんごの便箋が思ったよりも可愛く仕上げられたのでプラマイ0かなと思います!?便箋は黒の画用紙を適当に切り抜いて適当に赤い色をした折り紙を貼り付けその上からまた黒い画用紙を貼り付けました。挟むようにして適当にカットした便箋を赤いリボンでくくって固定してます。これもまたイベント当日の早朝まで制作していたので細かいところまで目をやれず、リボンで固定した部分がふわふわしていて「これ絶対に読みづらい…」と思いつつもプレゼントボックスに滑りこませてしまったことを今ここに懺悔いたします…。前野さんへ すみませんでした…。


こうして思い返してみるとなんだか感慨深い…。どれもこれも思い入れを込めて作っているので、特にファミ通DXのときのやつなんかは力が入りすぎてプレゼントボックスに入れるのを躊躇いましたから……。
ちなみに、次回の芸人活動予定は年明けのリヅェフェスです。これもまた先月末あたりから構想を練ってたりします。作るの楽しみだ〜!裕斗くんに宛てるファンレターもそれが初めてになるのでいろんな意味でドキドキしてます。ではでは、今後のファンレター芸人さんの活躍に乞うご期待ください!!!