私が最後の推しに出会うまでの話

どうも、接近戦の日の朝は必ず下痢します。

私は2016年12月18日に推し変をしました。
以前のブログ記事と少し重複する部分もあるかと思うのですが(むしろこっちを先に書けよ)自分の気持ちを整理して置いておくためにもここに認めていこうと思います。


キッカケはイベントに落選したこと

2016年11月末に開催された某イベントに見事落選したことが大きなキッカケでした。
今思えば大して積まずに何甘えたこと抜かしとんじゃワレといった感じですが、キッカケは落選したことがというよりもそのイベントに参加できないという現実に直面した際に「あれ?私ってどうやって何を推していたんだっけ?」と疑問に思ってしまったことからはじまります。
そもそもの話、私は以前から元推しの声や演技は好きだけど、元推しが演じているキャラや出演している作品にハマれないことに悩んでいました。それは単純に好みの問題なのですが、当初より(今もそうですが)「興味のない作品にはたとえ推しが関わっていたとしても買わない」という姿勢でいたので、おのずと推しを推す行動というとイベント参加・舞台観劇でした。そこに、幸せなことにそれまで開催されたイベントに立て続けに参加できていたところに落選の通知。現場主義者でろくに出演作品もキャラも追っていなかった私にとって、イベントに落選したことで推す術を失ってじゃあどうしよう?ってなったけど特に好きな作品もないしなあと購買行動もまともに起こせないことが悲しかったんですよね。


推しと距離を置く

前項のことがあってから長らくグチグチ言っていたのですが、言っててもどうしようもないので思い切って元推しと距離を置いてみる(恋人か?)ことにしました。距離を置いてみて、それで気持ちの距離も離れていくのであればそれはそれで答えになるのかなあと思ったので。
頭を冷やすためというのと今自分が悩んでいることを客観的に見ることができるようにするのと、あとは元推しから離れて気分転換も兼ねて前々から気になっていた作品に触れてみることに。推しが関わっていない作品にはなかなか手を出せずにいたので、これを機会に私は「東京LOVEジャンキー」という歌をダウンロード購入します。

東京LOVEジャンキー

東京LOVEジャンキー

あの江口くんが癒やされたがったり西山くんが健やかになったりする番組のCMで流れるSolidSさんのCMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。私はそのCMの「ケケケケケケケモン!」からはじまるサビが耳から離れず、この状況から脱するためにも縋るような思いでダウンロードさせていただきました。いや〜「痛くしないよ…」って囁く梅原さん最高だよなア〜!?そんなこと言わずに痛くされてえよなア〜〜?!


推し変の兆候が見えはじめる

東京LOVEジャンキーを聞き始めてからというもの、もともとマジきゅんのアニメを見ていて一条寺帝歌さんが気になっていたことも(推しが関わってない作品には手を出さないんじゃねえのかよ)あり、ここで梅原さんが気になりはじめます。

梅原さんが気になりはじめてやったこと

  • SolidSさんの曲を何曲か追加で購入する
  • 「スマイルエンゲージいい曲だよ!結婚式で流したい曲だよ!」と言われるがままに購入する
  • ツキプロライブの円盤を予約注文する
  • マジきゅん放送委員会とかツキプロchとかオトメイトチャンネルとかを見始める
  • 梅原さんのTwitterのアカウントをフォローする
  • セカライのライビュのチケットをとる

いや〜メチャメチャ楽しかったです!!!
本当にこの時は出口のない暗いトンネルの中で進むか戻るか迷っていて、そんな中で梅原さんを通して出会った歌や作品に助けていただき、ここでの出会いがなければ恐らくここでオタクを上がっていたんじゃないかなあと思います。(それでも良かった気もしますが今が最高に楽しいのでオタク続けてて良かったです)
こう言うと本当に梅原さんを心から応援されている方々に失礼なのですが、何も考えず手放しに声優・キャラの歌を聞いたり番組や動画を見たりすることの気楽さというか、今まで自分が悩んできたことを一切気にせずに心の底からコンテンツを堪能できることの楽しさが身にしみて痛かったです。

いや本当に(声豚としての)命を救っていただきました。

これだけ見るともうすっかり梅原さんに推し変されたのでは?という感じなのですが、実はまだそこまで至っておらず、梅原さんのことが気になりつつも推し変する5日前までは元推しのことを「推し」と呼んでいるんですよね。


You are genius.

実は(?)梅原さんと同時並行でもう一人気になっていた声優さんがいたのですが、それが八代さんでした。
厳密に言うと、それよりももっと前から八代さんの存在については気になっていて、というのも「Groovin' Chara-Emo Night」を初めて聞いたときに今まで感じたことのないような衝撃を覚えたことからはじまります。

Groovin' Chara-Emo Night

Groovin' Chara-Emo Night

  • 十王院カケル(cv.八代 拓)
  • アニメ
  • ¥250

オタク人生の中でキャラクターソングと言われるものはいくつも聞いてきましたが、その中でこの「Groovin' Chara-Emo Night」は所謂「中の人」を全く感じさせない完成されたキャラクターソングでした。冗談抜きでこの難しい曲調で中の人の霊圧(?)を全く感じさせない歌に「この人は天才では…」と畏怖するほど。
中の人を感じさせないとか言って結局中の人が気になってんじゃねえかよ!という矛盾はさて置いて(?)、そういう経緯があり頭の片隅に八代さんの存在があった上で、梅原さん関連の作品を享受するようになってから梅原さんと共演の多い八代さんの姿も同時に見かけることが多くなってゆきます。

そんなこんなをしている中、ファミ通ゲーマーズDXの3周年特番のゲストに八代さんの名前があるよ!と知人から報が入ります。

これ放送日が私の誕生日なんですよ…

今「はあ?」って思ったでしょ?私も「だからなんだよ」って感じなんですけど、でもこの状況でこんなんされたら(?)運命感じないですか?(そうですか)


推していた時間を後悔する日

この通りグダグダと悩み若手男性声優2人にうつつを抜かすクソビッチ声豚な日々を続け、このトンネルの出口を模索していたところにあるツイートがされました。

そのツイートの真意は本人にしか分からないし、それが受け取り手である私の感じたものと同一であるかは誰にも分からないです。私が感じたことは本人の真意ではないかもしれない。それは重々承知したうえで、私はそのツイートを見て彼を推すことを辞めました。

その一連のツイートの発端はとあるファンの方が「もっといろんな作品に出演されている姿が見たいです!(意訳)」といったリプを飛ばしており、それに本人が反応したものでした。
私もそのリプを飛ばした方と同じく「いろんな作品に出てほしいなあ」と思っていたし、それは現状への嫌味とかそういうのではなく、純粋に彼の演技をいろんな作品で見たいなあと思うファンとしての気持ちでした。それに対して「目に見えてるものが全てじゃないですよ」と言われてしまい、なんというか、ショックでした。
確かに目に見えるものだけが全てではないし、私たちの見えないところで努力をされているのはわかっているつもりです。でも一ファンからの「もっと出演作増えてほしいです!」という何気ない一言に返す言葉がそれなんだなあって思いました。そう言われて「じゃあ私は何のためにどうなって欲しくて今まで応援してきたんだろう?」と考えたら、もっと仕事の場が増えたらいいなあとか名前が売れたらいいなあとかで、だからこそリプを飛ばした方もそうやって発言されたんだと思うんですけど、それで「目に見えるものが全てじゃない」「作品に関わることは大変」と言われてしまったらもうどうしようもないなあって。

自分自身も推す術を失いかけていたところにこれがあり、私は推していた2年間を後悔することで彼を推すことに幕を引きました。


1/8の奇跡

推しから降りてから数日、「今優しく囁かれたらその声帯を推す(?)」などという軽口を叩きつつも、このまま声豚人生を終えるんだろうなあとぼんやり考えていました。

そんななか、2016年12月18日はやってきました。
この日に遊んでいただいた友人に、元推しから降りることになった顛末や思いを聞いていただき、2年間フォローし続けてきたTwitterアカウントも解除。私が元推しを本格的に気にしはじめたキッカケはTwitterでの発言だったのですが、まさか降りる決定打がまたそのTwitterでの推しの言葉になるとは夢にも思いませんでしたね。フォローボタンを押すときはあんなにドキドキしたのに、解除ボタンを押す瞬間はあまりにも呆気なかったです。虎ノ門の路上での出来事でした。

完全にFree!!状態になった私はその日ノリで「8P×カラオケの鉄人 スペシャルコラボ 」のドリンクファイトへ参加します。

レモネード八代めっちゃ酸っぱかったなあ…。(当たり前体操)

f:id:arayurun:20170908165923j:plain:w450

何枚か撮ったんですけどピントが合っている写真が1枚もなかった。

このコラボドリンク、例に漏れず1ドリンクで1枚コースターを引くことができるのですが、同行してもらった友人ぶん含め計2回引くことに。自分で言うのも何なのですが(?)私はくじ引き系の運が本当にクソで、ガチャガチャとか回すと「全部嬉しいけど強いて言うならこれが一番欲しくない」やつを引き当てるタイプの人間です。

その時、推し変する音が聞こえた―。

いやいやいやお前そんな理由で推し変したのかよ?!??!という感じですが、推し変先に迷ってウロウロしている状況でこの自引きは運命的だと思いませんか?(はい?)

ぶっちゃけると本当に勢いのままに推し変を決意していて、当時は八代さんのことをほとんど知らなかったし出演されている作品もまともに知って見ていたのはキンプリくらいで、sideMも出演していることを認知しているまでに留まっていました。

推し変したキッカケはこんなクソみたいなノリではありましたが、それから出演されているアニメを見て(dアニメストア最高!)、CDやDVDを買って、掲載されている雑誌を買って、アニメイトチャンネルやニコニコチャンネルやKIKIに登録して…。八代さんの演技や八代さん自身の言葉や姿をたくさん見て、それがめちゃめちゃに楽しくて、見るたび聞くたびに好きを更新していって(現在進行形)、声豚辞めなくてよかったなあ〜!!!と心の底から思いました。以前までは口々に「声豚辞めたい…」とこぼしていたのですが、初心に戻るじゃないですけど誰かを応援することって本来楽しいことだよなあと気付かされました。 今回の推し変は私にとってすごくターニングポイント的な、いろんなことを改めて考え直す大きな機会になりました。その後の考え方の変化などはご興味があれば前記事をご覧くださいませ。

ていうか、2枚引いたんだから2/8の奇跡じゃね?


推し変の先にあるもの

声豚人生の中で今が一番楽しいです。それに尽きます。
私は昔から2年周期で推しを変えるクソ女なので、もしかしたらまた2年後は違う声優さんを応援してまた「今が一番楽しい!」って言ってるかもしれないです。もしかしたらまた推しの発言にショックを受けて降りるかもしれないです。そうなってしまったとしても最後には「でもこの人を応援していた時間は楽しかったなあ」って言いたいし、今現在私はそう言える時間を過ごすことができていると思っています。でも今が本当に楽しいので、できることなら今の推しを最後にして声豚は卒業したい…。2年周期クソビッチの言葉に説得力がないね。仕方ないね。

梅原さんをさも当て馬かのように書いてしまっていますが、今でも陰ながらひっそりと応援させていただいております。めっちゃいい塩梅。も買ったよ! 梅原さんに救っていただいたあの1ヶ月間のこともきっと忘れないと思います。

そして年が明けて2017年1月、初めて参加することになる推しイベントが最前席・接近・遠征のトリプルコンボになるのはまた先の話です…。

さて、今日も推しの現場なので寝ます!!!!!!!!!!!あばよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!